業者に必要な博識なところというと

厳密に言えば博識というよりは、値打ち品を眼力で価値があると見分けることが重要になってくるのが、不用品回収や買取のサービス業者にとって必要なところであるといえます。
とくに大都市大阪では、京都に近いという地理的条件から昔のものに関しては値打ちものがある場合もあり、単なる不用品ということだけで片付けられないものもありますから、買い取ったあとに見分ける能力は不可欠なのです。
お客さんからすれば不用品として不用品回収の対象になり、買取サービスで買い取られるものになったわけなのですが、価値がわかっていても買取を頼んだのではない場合がありますから、買い取ったものに関しては不用品回収や買取のサービス業者が眼力でもって価値を見出してみることも必要になるのです。
意外にも、不用品として処理されたものの中にはかつてのお宝だったりが混じっていることもありますから、骨董品として価値があると思われるものに関しては業者のほうで鑑定をしてもらうこともあるそうです。